相続放棄の問題は弁護士にお任せ!|期限内にパパっとスピード解決

男女

借金返済義務を返上する

弁護士

相続放棄とは、故人の財産などを相続する権利を放棄するということです。相続放棄をしても意味ないのではないかと思う人も多いかと思われます。しかし、相続は財産を引き継ぐだけではなくて、故人の借金を引き継ぐ必要性も出てくると言われています。つまり本来払う必要の無い借金を、相続人が払う必要が生じるという、なんとも理不尽なことなのです。そのため、借金の返済義務を無くすために、相続放棄というのも行なうのです。相続放棄を行なうことによって、借金の支払い義務を返上することが可能です。しかし、ただ相続放棄をすれば良いというものではなくて、相続放棄を行なうためにはそれ相応の手続きを取る必要があります。手続きとは、まず改定裁判所に相続放棄をすることを伝える必要があります。相続放棄する際には、適切な書類も必要になります。必要な書類は、沢山あります。それらを全て収集するのはとても骨が折れるかと思われます。しかし弁護士に相談してみることによって、適切な書類を収集してくれるのです。相続放棄には有効期限というものがありますので注意も必要です。相続放棄に設定されている有効期限は、約三ヶ月だと言われています。約三ヶ月以内に相続放棄の手続を行なわないと、本来払う必要のない借金を支払うことになるかもしれません。

相続放棄に関しては、弁護士に相談することで解決してもらえる可能性があります。しかし、日本において弁護士は多数存在しています。そのため、どの弁護士に相談するべきか迷っている方もいるかもしれません。どの弁護士に相談すべきか迷っている方は、インターネットを活用して近くの地域の弁護士を探してみると良いでしょう。

手続きに関すること

女性

人が亡くなってしまうと、発生するのが相続手続きというものです。相続手続きせいで、亡くなってしまった悲しみに浸る暇が作れないという方もいます。そういった場合は、まず司法書士などに相談してみると良いでしょう。

View Detail

遺産分配に関して

笑顔の女性

相続を行なう際に、頭を抱えるのが遺産分配です。相続人が多ければ多いほど、遺産分配の時にトラブルに発展することが多いと言われています。しかし、京都などの税理士に相談すると解決することもあります。

View Detail

債務問題を解決する

相談

借金の利息が払えなくて苦しんでいる人は多くいます。借金の利息が払えなくて苦しんでいる人は、一度司法書士に債務整理をお願いするとうまく解決できるかもしれません。悩んでいる方は、一度司法書士に相談するのがオススメとされています。

View Detail